夏の全国俳句

    大会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和二年度の夏の俳句大会は中止となりました。代替としてオンラインによる「天穹俳句会 夏の全国俳句大会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  炎天やかの日の焦土眼裏に     山口かずお       

地  擦傷は水でぢやあぢやあ百日紅   小島美佐子       

人  真二つに割れば茄子の別の顔    新野 義弘

 

山口美智代表 選

天  さるすべり少女そこはかとなき丸み 菅  風花     

地  炎天やこの駅頭で玉音を      石井 信生

人  耳の水抜きつつ帰る炎天下     髙野 紀子     

 

​高得点句

簾して明けつ広げの島ぐらし            加納 千女            

耳の水抜きつつ帰る炎天下                髙野 紀子            

炎天や原爆ドームゆらぎをる            髙垣 わこ            

艶めける尼の法話や百日紅                大平 政弘            

蜥蜴這ふ地震に崩れし野面積            佐藤 俊童            

糠床にいろを移して今朝の茄子         桝平紗菜江            

ハミングの妻きゆつきゆつと茄子洗ふ   岡部 忠利             

遺跡発掘炎天に押す猫車         松本 幸子

夕されば富士の風呼ぶ簾かな            安達 幸代            

蜥蜴には蜥蜴の矜恃尻尾切る            利光 克孝       

 

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now