夏の全国俳句

    大会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和三年度の夏の俳句大会は中止となりました。代替としてオンラインによる「天穹俳句会 夏の全国俳句大会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  荒梅雨やスマホのさけぶ避難指示  高垣わこ       

地  朝ぼらけ羽化するやうに蓮ひらく  松尾悦子       

人  河童忌や面影残す戯絵の目     大村 栄

 

山口美智代表 選

天  花火果て大群衆の闇解る      前橋竹之     

地  河童忌の微熱の体持て余す     横井川尚子

人  さりげなく掬つて見せる金魚売   山口かずお     

 

​高得点句

武骨なる指やはらかく金魚選る           山口美智            

河童忌やなにも無き日の手を洗ふ            髙野紀子            

煮返せば崩るる魚梅雨深し               川手和枝            

河童忌や虚空に蜘蛛の糸光る              屋内修一            

金魚買ふ竜宮城も水槽も              大平政弘

長梅雨やつついて落とす砂時計      鴨川瑞音       

梅雨明や駅に太郎の大壁画           鈴木とも            

河童忌や文士の溜る安酒場        佐藤俊童             

熱の子の枕辺覗きゐる金魚        吉仲 静

お互ひの暮し素通し金魚玉                塚本一夫