令和二年十月

​本部メール句会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和二年の本部主催月例吟行句会は全て中止となりました。代替としてオンラインによる「本部メール句会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  この蕾明日は荒武者菊人形     武 雅江       

地  降る針に羅漢不動や松手入     籠田幸鳴       

人  下町に残る舟宿鯊日和       鈴木優子

 

​高得点句

  干せるだけ干して秋日を使いきる        阿部栄子            

  記憶より小さき校庭末枯るる     高野紀子           

  色鳥を針に遊ばせ花時計         田中国太郎            

 デジタルの波は句座へも鳥渡る        佐々木建成            

 酌み交はす杯の金継ぎ新走り      高野紀子            

 無言館の未完の画布や色鳥来           岩倉未央            

 強面の口笛優し色鳥来            田嶋しゅうじ             

 実柘榴や島の家族は子沢山         大内民雄

 末枯るるなかに秘湯の道しるべ          野尻正雄            

 冒頭を忘れし校歌末枯るる                  鴨川瑞音

  病む母のあんた誰ぞな暮の秋       上田時生

 標本のごと食べ終へし秋刀魚かな            大内民雄 

 

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now