月刊誌「天穹」
令和三年十一月号より

主宰詠

蜩の声りんりんと御用邸

かなかなの声は金色中尊寺

伊達様の街や七夕竹の伊達

賢治の地銀河は光濃き楽土

鳳仙花けんけんぱーで弾きけり      屋内修一 

前主宰詠

余白なく鰻乗せられ土用丑​

ゆくりなくも一句会閉ぢ竹の春

アスリートらの感謝たふとし夏五輪   佐々木建成

風悠

来ぬ友に開けずの新茶秋に入る

八月の雲やマスクを買ひ足して     福田龍青

初潮や茶室へ渡るかぎ廊下

菊鉢をまづ運び込む新居かな      山口美智

細腕に来し秋の蚊や打たずおく

蟷螂にいよよ似てくるまあいいか    野間しげる

文月や黄昏ながき太田川

花の蜜香る日和や秋の蝶         安江利子

副主宰詠

木漏れ日を受けて仰臥の秋の蝉

八月や御霊屋の鳩身じろがず       籠田幸鳴

風尚

​ひねもすを五輪中継溽暑なり       山崎華園

​浦人のわづかな釣果干す露台       米田由美子

​唐辛子に驚くあぶら中華鍋        渡辺花穂

風韻

金剛杖のごとく自然薯持ち帰り      大内民雄

もんじゃ屋のノースの匂ひ大西日     藤栄誠治郎

​切り出す青竹の香や星の秋        山本美枝子         

風霜

踊らぬと押し問答の末踊る        鈴木霞童

稲びかり子のラブレター見てしまふ    前川尚子

​がむしやらなばかりでと父宮相撲     𠮷仲 静    

   

花篝

母の背に早下りくる子魂迎へ      小島美佐子      

盆提灯父母との日々の回り初む     奥野葉子

​煙ごと返し焦げめの秋刀魚焼く     遠藤美津子