月刊誌「天穹」

令和三年二月号より

主宰詠

賊軍の城にも小春日和かな

立冬や又三郎が戸を叩く

どうどすと言はれ酢茎を買ふ破目に

初霜の橋が結界奥の院

箒持つ時は拾得落葉掃き       屋内修一 

前主宰詠

​介護士の絶やさぬ笑顔小鳥来る

デジタルの波は句座へも鳥渡る

晩成の色を豊かに柿落葉       佐々木建成

風悠

初霜や満百寿まであと三日

百歳の掠れ心音霜夜更く       福田龍青

草踏みて入相といふ茸山 

散財をすること銀杏散り急ぐ     山口美智

花八手むかし厠は暗かりき

選り好み出来ぬ死に方帰り花     野間しげる

むつくりと目を開きける冬椿

凩のふいに眩しく鳥翔たす       安江利子

副主宰詠

境内に三角ベース神の留守

初時雨盛り塩緩ぶ上七軒       籠田幸鳴

風尚

​刺身も皿もぶ厚き徳山ふくの宿      山崎華園

​いら虫の謀議葉裏にかたまりて      米田由美子

​落葉掃きいろはにほへとちりとりに    渡辺花穂

風韻

白障子床に白隠円相図         斉藤雅はる

陸続と紅葉且つ散る京三尾       河野奉令

​日向ぼこ島の漁師は切支丹       藤栄誠治郎

風霜

天領の風の威も借り鳥威し      星加鷹彦

一辺はテレビに空くる炬燵かな    鈴木霞童

​磔刑像花柊の香に眠る        坂場正保    

   

花篝

多摩川を越えて旅めく小六月     高野紀子

点滴のひとつぶ見つめ雪見月     川畑 薫

​重ね着やかつては母を笑ひしに    奥野葉子

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now