月刊誌「天穹」

令和2年9月号より

主宰詠

草莽の花に佳き名や姫女菀

幼帝の魂か海月の漂ふは

波に身を任せて一世海月浮く

草笛やうさぎ追ひしと歌はむか

白秋を語る船頭花菖蒲         屋内修一 

前主宰詠

薫風やまちかど賞の築地塀

食卓に庄内の風さくらんぼ

もう読まぬ蔵書をどかと棄て梅雨入   佐々木建成

風悠

照り潮の夜はあたたかし梅雨の月

大潮の気配滔滔梅雨の月        福田龍青

薫風やポストに点字広報紙 

蕗三束並べて無人販売所        山口美智

夏来る壁のルオーをクレーに替ふる

衣替へて重たくなりしドアの鍵     野間しげる

暮れてなほむつくりこくり雲の峰

かたちなき水の力や出水川         安江利子

副主宰詠

葉隠れで雨意に輪唱雨蛙

ぶかぶかの雨靴笑ふ枝蛙        籠田幸鳴

風尚

暁けのリビング猩々ちりぢり生れけり  堂ノ本芳江

​赤子抱く兄は二歳よあたたかし     中野捷子

​田植終へ水光り出す四辺より      野口英二

風韻

ほどほどに似て父の日のクレヨン画   田中国太郎

チャイナ服の裾ひるがえる丁字の香   上村百香

​病室へ配膳の音明易し         松本早苗

風霜

丘果つる海の静けさ沖縄忌       大内民雄

龍宮の幇間役は海月かな        牛島 清

​メレンゲの角立ち上がるこどもの日   岩澤由紀    

   

花篝

寂光に都忘れの濃むらさき       川畑 薫

奥会津染め新緑のゆるぎなし      高野紀子

​バーコード模様の廊下青簾       籠田和美

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now