月刊誌「天穹」
令和三年六月号より

主宰詠

草木のささめく気配春の雨

雛飾る白木御殿の旧家振り

啄木の空に流るる糸柳

渦潮や奈落の竜の動き初む

観潮船下船の足が踏鞴踏む      屋内修一 

前主宰詠

​轟きと豪雨春雷らしからず

武甲山ときに見上げて耕せり

子規も居る野球殿堂木々芽吹く     佐々木建成

風悠

黒潮の色強めたり夏近し

春なれや北斗のぼりて星こぼす     福田龍青

草餅を食みて師のこと父のこと 

また忘るる新入生の名前かな      山口美智

老眼鏡外し春泥跳ぶ支度

諍ひのあとたんぽぽの絮吹いて     野間しげる

天辺を目指す一気や花吹雪

潮遠くしろがね色を遅桜         安江利子

副主宰詠

春ショール襟元抓み遠会釈

袴着け土筆見参大手門         籠田幸鳴

風尚

​春暁や鴉の族早騒ぐ           鈴木優子

​囀りの通訳なんてとても無理       立田すみ女

​ものの芽や紙飛行機の良くとぶ日     田中国太郎

風韻

他が肩に箍を外して春眠し        松本早苗

鷹山の国の豊かや漆の芽         斉藤雅はる

​他郷なる終の住処や鳥帰る        小川光子

風霜

回覧板回し花種貰ひけり        𠮷仲 静

しんがりへ送るエールや鳥雲に     岩倉未央

​音だけの修二会の五体投地かな     渡辺ごろう    

   

花篝

夜更けて浅蜊ぴゆるりと独り言     長田蒲公英      

鳩の群れ飛び立つ空や卒業歌      松田文女

​「たんぽこ」と幼の摘みし黄たんぽぽ  奥野葉子