月刊誌「天穹」
令和三年八月号より

主宰詠

母の日や子のことばかり詠みし母

筍の地を割る力食しけり

瀬戸の島句座に蜜柑の花匂ふ

新茶汲み軸の一句の滋味を汲む

麦秋や田中に母の本籍地      屋内修一 

前主宰詠

​日に透けて風に触れ合ふ若楓

偕老の今日あるを謝し菖蒲風呂

ジェンダー論さて置き女子も柏餅    佐々木建成

風悠

老鶯の夜も聞こえけり鹿の谷

五月雨や色増す河勢宇治暗し      福田龍青

夫寄れば浮き上がりくる目高の子 

ミクロンの餌に子めだか浮き上がる   山口美智

美しく老いたまうたり若葉風

更衣吾が性優柔不断にて        野間しげる

はつ夏や集帆のごとく雲流れ

捨てがたき手擦れの季寄多佳子の忌    安江利子

副主宰詠

御所車へ賀茂の川風懸葵

一尺を五歩の練り足祭足袋        籠田幸鳴

風尚

​夏飛燕手を切るやうな山の水       野口英二

​花は葉に見上ぐる吉田茂像        野尻正雄

​ボルゾイの分けゆく茅花流しかな     福井まさ子

風韻

お絵描きはピカソ紛ひや子供の日     久保田雅久

郭公や聞耳立つる「眠り猫」       斉藤雅はる

​湯船の栓抜けば春愁吸ひ込まれ      尾中 恵         

風霜

装束のごとくマスクし疫の夏       巾村和敏

夕薄暑水平に持つピザの箱        高野紀子

​宿下駄で思はぬ遠出花卯木        岩倉未央    

   

花篝

母の日の花呉れし子も二児の母     奥野葉子      

紫陽花の階段毎に違ふ青        小川真由美

​青果店王女の席のさくらんぼ      渋谷千秀