月刊誌「天穹」

令和三年四月号より

主宰詠

心技体絞る一点弓始

やすけしや七種粥を吹き合うて

吉書揚天神様の天こがす

角巻の乙女とも見え寒牡丹

かづきゐる菰に風鳴る寒牡丹      屋内修一 

前主宰詠

​感染と背中合せに去年今年

初山河空はめでたき縹色

裏白の反り癖正し三方へ        佐々木建成

風悠

花ミモザ匂へり港の見える丘

花ミモザ入港急くか大船笛       福田龍青

捨てきれぬ父の袴や建国日 

童話めく公魚釣りのテントかな     山口美智

なんとなく雪の緩急みてをりぬ

春寒し言ふこと聞かぬホッチキス    野間しげる

早春となりゆく雨や夜もすがら

梅咲くや風痛きこと覚悟して       安江利子

副主宰詠

初詣日常茶事を畏めり

初日仰ぐ諸人の貌黄金色        籠田幸鳴

風尚

​寒晴や海一枚となり光る         荒木洋子

​行く年の餌を奪ひ合ふ鯉の口       上田時生

​畔青む嫁して達者な里言葉        大村 栄

風韻

頼らるることも生き甲斐実万両      石川洋子

寒卵食んで妊婦の産み力         松本早苗

​けん玉のぽんと嵌りて寒の明け      上村百香

風霜

句を記すお薬手帳春近し        高野紀子

日向ぼこ島にながるる島時間      星加鷹彦

​留守番に来し子の家の福寿草      白木伸子    

   

花篝

鴨並ぶ授業開始を待つやうに      長田蒲公英

雪帽子目深に被る地蔵尊        中川久子

​深窓の貴人訪ふごと冬牡丹       奥野葉子

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now