第二十三回
  
  天穹賞

天穹賞

該当なし

天穹賞準賞

瓦  礫    渡辺 花穂      

 

雷神の喝をあづかる屏風かな

菰巻くや大樹は威儀を正したり

己が息におのづと揺るる室の花

くるぶしを離れぬひかり冬すみれ

枯菊にまつはる風を括りけり

日向ぼこ絵本一冊終はるまで

合掌の手に遅れたる悴む手

大縄飛びひとかたまりの息弾む

あやとりの橋を渡れば春動く

鎮魂とも瓦礫の間にはこべらが

父母あらば今語りたや梅真白

蒼穹は神のふところ鳥帰る

人を待つ石のぬくもり入彼岸

花咲けばよろこぶふたつ二輪草

​百年をいくつも重ね緑立つ

優秀賞

疫病の世    田中 国太郎      

 

手作りのマスク自慢や通学子

咳く人の丸き背中を丸くして

ペンギンの旅する絵本春隣

梅が香を纏ひ疫病の世へ戻る

春眠の底に聞きゐる救急車

野遊びの籠に消毒液の揺れ

ふらここやどこへも行かぬ日の暮るる

金亀子抛りし指を嗅いでみる

サーファーを吐き出す波の蒼さかな

​朝顔の堂堂の紺相撲部屋

​入選

厳  島   星加 鷹彦     

神となる途中の大樹巣立鳥

花桐や古地図のままの島の道

絢爛の平家納経お風入

浮宮の要に舞台管弦祭

風鈴の舌が客呼ぶ格子窓

島へ船島からも船梅雨あがる

​人去りて潮騒残る晩夏かな

札所巡り   岩澤 秀二     

初筑波大きく見ゆるところまで

初景色川は光の帯として

大榾の燃え尽きたれば日暮来る

かざす手のみな指開く焚火かな

早春や和菓子舗に季語並びけり

梨畑ラジオ聞きつつ選定す

​大師講の札所巡りや犬ふぐり

寡  黙   ​曽我 晶子     

山笑ふ逆立ちの子ら臍出して

春浅し所長が課長兼ねるらし

ピンセットでめくる古文書冴返る

縁談を携へて来る春ショール

行く春やオペラ一曲分散歩

古本を売りアネモネを買ひにけり

​入り口の分からぬ画廊春暑し