アクアモザイク

令和四年三月同人句会報

屋内修一主宰 選

天   黄水仙スポーツジムに乳母車    阿部栄子

​地   子パンダの生る木ゆらゆら春動く  福井まさ子

​人   寒村へ雪を泳ぎて郵便夫      前田勝洋

​高得点句

文机は余生の港福は内        屋内修一    

待ちきれぬ合否の知らせ葱刻む    青木遵子

スケボーの少年春の風となる     前田勝洋           

どの顔も朗らか春の泥つけて     前川尚子   

寒肥す眠るいのちに声をかけ     下村恵奈

手相見の紙灯の誘ひ月朧       坂手広生      

一礼を藩祖の額へ卒業す       斉藤雅はる         

しんなりと「し」の字を描く白子干  大内民雄

壷焼きの煙は海に帰りけり      村井郁子

胸の内見透かすほどの寒の月      益井善清

淡雪や加賀落雁のほのと溶け      岩倉未央

春立つや教師どこへも小走りに                斉藤雅はる

春寒や黄身の片寄るゆでたまご      上村百香

箱膳にのる蕗味噌も信濃なる       久保田雅久