アクアモザイク

同人句会報

屋内修一主宰 選

天   蓑虫や太れぬ父は婿養子          曽我晶子

​地   長き夜の声色変へて読む絵本        髙野紀子

​人   揺らしみる水の匂ひの青糸瓜        佐藤俊童

​高得点句

赤とんぼ砂場に残る山や川             山下早千子       

野分あと睥睨とかぬ鬼瓦                 村井郁子          

研ぎ減りの土佐包丁や秋澄めり           星加鷹彦           

秋雨の貨車囚人のごと曳かれ               田嶋しゅうじ   

稲びかり梁の確かな手斧痕             大内民雄

石臼の筋目こまやか走り蕎麦          久保田雅久       

村なべて源氏贔屓や秋祭               髙橋ゆうじ      

鐘楼の一打の余韻秋深む         岡部忠利           

花野への漫歩が喜寿の第一歩       屋内修一

この島の園児は二人赤まんま            島田道世

虫時雨あの一匹が火付け役        阿部栄子

幼名を呼び合ふ集ひ敬老日        川面凡中

秋興は河童を釣りに遠野まで       野末一郎

誰も居ぬ二階きしみて夜長かな         星加鷹彦

渾身の空振り三度天高し         荒木正夫

行く秋や眼圧計の小さき風        荒木洋子

抽斗に古びた燐寸秋彼岸         山下早千子