令和三年六月
​本部メール句会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和三年の本部主催月例吟行句会は中止しております。代替としてオンラインによる「本部メール句会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  境内の茅の輪「どこでもドア」のごと  梨本洋子    

地  高炉の火消えるたる町の蚊食鳥     塚本一夫

人  背負ひたるローンの重みかたつぶり   久保田雅久

​その他の高得点句

 弾切れの水鉄砲を声で撃つ                       田中国太郎

 善人の顔して潜る茅の輪かな                   古家美智子

 国難の浮輪とも見ゆ大茅の輪                   佐藤俊童

 少年のころの空へと草矢打つ        久保田雅久

 ほうたるや一期一会を点し合ひ       山口かずお

 散らで錆ぶ泰山木は空の花         屋内修一

 しやわしやわとソーダ水のひとりごと          利光克孝     

 蛍火の一筆描きのプロポーズ                         冨岡浄成

 茅の輪潜り二度目は妻になり代はり             田嶋しゅうじ

 掌の厚きは母似梅漬くる                                荒木洋子

 けふも居て百葉箱のかたつむり                     田中国太郎

 ぼんやりと生くるも術や夕端居                     斉藤雅はる

 橋脚に渦巻くところ桜桃忌                             山下早千子

 かたつむり仁王の足を踏み進む                     山下早千子