令和三年三月

​本部メール句会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和二年の本部主催月例吟行句会は全て中止となりました。代替としてオンラインによる「本部メール句会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  浦百軒浜にしらすの窯揚げ場   青木遵子    

地  彼岸参りあなたの望む子になれず  鈴木とも

人  届かざる帰任の辞令鳥帰る     塚本一夫

​その他の高得点句

    町中のひらがな拾ふ入学児       大平政弘

 こつとんと春滴らせ水車        松本早苗

 鶴帰る無一物とは美しき         青木遵子

 朧月つなぎたき手の置き所        岡嶋風花

 しやぼん玉風に手心あるやうな     大内民雄

  糀屋の藍の暖簾や加賀の春       飯塚佐保子

  家々に物語あり雛人形         前田勝洋

  春雪や宇治の鳳凰翔ぶ構へ       斉藤雅はる

  春眠し月水金は髭剃る日        渡辺ごろう

  長靴の啓蟄の砂こぼれけり       冨岡浄成

  他郷なる終の住処や鳥帰る       小川光子

  葉脈に大地の恵み春キャベツ      山本美枝子

  コンビニも八百屋も仏花売る彼岸    大平政弘

  箱に箱上手に入れて雛納                              渡辺花穂