令和二年十二月

​本部メール句会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和二年の本部主催月例吟行句会は全て中止となりました。代替としてオンラインによる「本部メール句会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  恋争ひ忘れ大和の山眠る     佐々木建成    

地  凛冽の風に鱗片冬木の芽     大村 栄

人  コロナ禍や会へぬ母へとちやんちやんこ  鈴木優子

 

​高得点句

  ぺこちやんを小突いてメリークリスマス      藤栄誠治郎           

  だらだらと長きレシート年の暮       大内民雄           

  帰るなと便りを添へて冬林檎           利光克孝            

 山眠る伏流水を育てつつ                   古家美智子            

 行先はマフラー巻いてから決める         星加鷹彦           

 登り窯にかすかな余熱山眠る                星野いずみ            

 噴煙を寝息のやうに山眠る            荒木正夫             

 イマジンを聴き直す夜や冬銀河          梨本洋子

 指切りの思はぬ力冬木の芽            久保田雅久            

 古暦何か忘れし二重丸                      鴨川瑞音

  冬の海顎紐固き巡視船               籠田幸鳴

 

― 天穹俳句会 Tenkyuhaikukai―

住所:150-0022

東京都渋谷区恵比寿南2-8-3 

プラザ恵比寿南602号

TEL & FAX:03-3715-6749

お問合せはこちら​から

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon

©2019 天穹俳句会。Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now