令和三年八月
​本部メール句会報

新型コロナウィルス感染拡大の為、令和三年の本部主催月例吟行句会は中止しております。代替としてオンラインによる「本部メール句会」を開催いたしました。

屋内修一主宰 選

天  五十四の天寿や妻の墓洗ふ       番匠隆之    

地  水曜はピアノ教室生身魂        渡辺ごろう

人  南朝の残り香ほのと葛の花       上村百香

​その他の高得点句

 抽斗にグリコのおまけ盆の家                   高野紀子

 新涼の木の香散らして鉋引く                   塚本一夫

 背の反りは駿馬の証迎馬                           屋内修一

 生あれば願いは尽きず星祭         細貝勝徳

 防人の歌碑に寄り添ふ葛の花        籠田幸鳴

 短冊に達筆の誤字星祭           渡辺ごろう

 また一つ手放す齢桐一葉               松村義隆     

  顔知らぬ兄の戒名墓洗ふ                           上村百香

  濁り無き音を放ちて松手入れ               青木遵子

  基地囲ふ鉄条網や葛の花                               田嶋しゅうじ

  踊りの輪抜けて二人の郡上かな                    番匠隆之

  白南風やアラビア文字の貨物船                    武田清蔵

  シャワー浴びライフガードの夏終る             山口かずお