令和三年

​新年俳句大会

新型コロナウィルス感染拡大の為、会員が集まっての賀句交歓・新年俳句大会は中止となりましたが、新年勢揃いの一句についての秀句選考は、例年通り行われました。

屋内修一主宰 選

天  食細る母に笑み浮く七日粥     伊勢雅子       

地  綿虫や伝言板の残る駅       野尻正雄       

人  蒼天やエールのやうな冬桜     前川尚子

 

山口美智代表 選

天  小春日や半跏思惟像せのびせり   田村汎子      

地  騙されに骨董市へ行く小春     塚本一夫

人  小春日や句座の要に卒寿の師    山口ひろ女     

 

​その他の高得点句

呼べば来るポンポン船や小春凪      山崎華園            

小春日をまあるく抱いて猫眠る      岡部忠利            

垂幕に子規の一句や伊予小春               屋内修一            

仲直りの小さき手と手小春風                  菅 風花            

小春日や主治医と釣の話など               山口美智            

小春日や座敷わらしも出ておいで          松本幸子            

綿虫や人の恋しき夕まぐれ          河野奉令             

鎌を研ぐ綿虫殖ゆるしづけさに        米田由美子

冬桜里より届く和三盆            小島美佐子     

カップルを小春を乗せて人力車        前田勝洋

小春日に晒す赤子の蒙古斑                     高野紀子 

七種粥息づくやうに炊き上がる        𠮷仲 静

​尼寺に古りし潜り戸冬桜           石川洋子