アクアモザイク

令和四年​新年俳句大会

新型コロナウィルス感染拡大の為、会員が集まっての賀句交歓・新年俳句大会は中止となりましたが、新年勢揃いの一句についての秀句選考は、例年通り行われました。

屋内修一主宰 選

  天  酒殿や甘露を醸す寒の水     遠藤悦弘 

  地  湯揉み唄流るる街や雪催     川島光義

  人  寒水に染師が晒す加賀五彩    日野わたる

 

山口美智代表 選

天  棒のごと喉元下る寒の水      浜崎かずき 

地  コンビナートは光の樹林雪催    藤栄誠治郎

人  総領の嫁は大食ひ節料理      鴨川瑞音     

 

​その他の高得点句

浦ごとに上がる煙や大とんど       山口美智        

寒の水米寿が次の一里塚         佐々木建成  

とんどとんどわらべ返りの母照らす    川畑 薫

散りぎはの蠟梅いよよ透きとほる          山崎華園        筆勢の火柱かとも吉場揚                   屋内修一

上寿まで生きられさうと寒の水           岡部忠利

ポイントに灯すカンテラ雪催         藤原基子

神さぶる火の粉巻き揚げ大どんど       佐藤俊童

赤べこの遠目がちなり雪催          塚本一夫     

ナースコールの途切れぬ夜や雪催       尾中 恵

雪催籠りてほどく古紬                    加納千女 

氏子みな揃ひの法被どんど焼         岩澤秀二

​母の手の皺は年輪お喰積           山本美枝子

マシュマロの溶けゆくココア雪催    鈴木優子

雪催津軽三味線高鳴りて        斉藤雅はる

燃えきれぬものも噴き上げどんどの秀  さいとう水夢

寒の水和紙工房の太き指        鈴木とも

ストレスも護符も投げ入れどんど焼   武 雅江